ハイブリッド集中力

注意散漫で騒音の中でも集中したい方は必見です。
本を読んでも集中できない、教材をつかっても効率はあがらない、
少しのことでもイライラしてしまう、こんな経験はありませんか。
トレーニングもなし、根性論もなし、意識を感情を分析することで
集中力をぐんとアップする方法がここにあるのです。
しかもたったの一日で集中力がアップして成績があがることも可能です。
潜在意識から集中力をあげて目標を達成します。
まずは、集中力とはどういうものかを理解します。
次に最適な目標を潜在意識にインプット。
集中する前に心の状態と環境を整えます。集中力を次のように理解していきます。
集中力とは何か?集中力は何から成り立っているのかの分析、
集中できない原因や集中力を妨げるものはどんなものか、それは単純に妨害するものとみなしてもよいのか?↓
楽に集中に入っていくためのステップの紹介。そして集中力の持続させる方法、
楽に集中していても必ず飽きと疲労がでてくるため、休息をとる方法。
こうして、集中力をマスターすれば、仕事がスムーズにすすんだり、勉強の効率があがり、
結果難しい試験も合格を手にする事ができるようになるのです。

この方法の開発者大西氏も、ご自身集中力はまったくなかったそうです。
その中で、いくつか集中してこなすことができるものに注目し、
それをたよりに心理学と脳科学の点から分析し、体系化し、
多くの方が活用できるものとして公開したのがこの方法なのです。
一日何分のトレーニングといったものも、まずはこの集中力を理解すれば必要ないのです。
集中力とは何か。集中力とは、ある目的、目標、願望、結果を効率的に達成するための
多くある能力やツールのうちのひとつであり、あることに注意を向ける能力なのです。
それは状況に応じて、持続や興味、自信などの中のひとつとしてある集中力という要素であり、
どれが一番重要ということもなくその場で重要なことが変化します。
つまり、集中力とはとらえどころのない能力です。