川村式記憶術

川村明宏氏の記憶術

一日7分あるゲームをするだけで覚えられる量を数十倍にあげる方法があります。
開発者は、任天堂DSのソフト『右脳を鍛える』で有名な川村明宏氏です。
記憶や暗記することを苦手とする人が多くいます。
もしも記憶することがとても簡単な事だとしたらどうでしょう。
写真をとるように一瞬で記憶できるとしたら、
しかも一度覚えたことは忘れることがないとしたら、どんな試験も仕事も可能になると思いませんか。
実は、これはコツがわかれば誰もが簡単にマスターできるのです。
この記憶術をマスターすれば一日で覚えられる量が数十倍になります。
それがなんと一日たったの7分簡単なゲームをするだけといった方法で身につけられる記憶術なのです。
今までに、これを試した世界中で120万人の人が難関大学を突破したり、国家試験、
司法試験、TOEICの高得点獲得、など素晴らしい実績を残しています。
今まで常識と言われていた勉強法は、ひとつのことに集中するなどといったことです。
しかし実はこれは余計に物覚えが悪くなるやり方なのです。
これは、脳の仕組みが関係しています。複雑な計算や、論理的な思考は、
多量の血液が左脳の一部に流れ込み、右脳は寝ている状態になります。
人間の自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、

知的作業を行っているときは、主に前者が活動しています。
さて、これら右脳と左脳の二つを同時に使うことは不可能なのでしょうか。
実はそうではありません。
これまでの勉強は、繰り返しノートに書く、睡眠時間を削って読んで理解する、
または過去の問題を解きまくるなどといったことでした。
もう、このジーニアス記憶術をマスターすればそのような勉強法をおこなう必要はなくなります。
1日7分、私の開発した脳のトレーニングゲームで遊んでいただくだけで可能なのです。